PCheader
スマホヘッダー
 
流山市の交通事故治療はオアシス整骨院におまかせください。

HOME >> | CASE | 変形性膝関節症

変形性膝関節症の治療なら
流山セントラルパーク駅のオアシス整骨院

 雑誌にも紹介されているオアシス整骨院の整体法

メディア掲載
 

変形性膝関節症とは?

膝の痛み

変形性膝関節症は主に膝に痛みが発生する症状を起こす関節症で高齢の方に特に多くみられます。
 
主な原因としては関節の状態や歩き方により、関節内にある軟骨がすり減ってしまい、痛みを現れます。
 
この変形性膝関節症は突然で症状が現れる性質のものではなく、少しずつ症状が進んでいきます。老化による筋力低下も影響し、骨格での体重を保持が厳しくなります。
 
膝にある軟骨は摩擦を抑える役割があり、滑膜から生まれる滑液により関節同士の干渉をf防いでいます。
 
しかし、何かの要因で滑液の減少や関節内の軟骨が当たり、擦れあって変形や痛みが生じます。
 
ここで現れる痛みは、一様ではなく、鈍痛を感じる方、関節の動きに制限がでる方もいます。
またO脚になるため、外見でもその変形が認識可能です。
 

変形性膝関節症の症状とは?

☑︎歩きだすと膝に痛みがでる
☑︎階段の昇降がつらい
☑︎痛みで正座ができない
☑︎膝関節から変な音が聞こえる
などの症状は注意です。
 
変形性膝関節症は突然激しい痛みなどに襲われることはなく、徐々に違和感が現れます。
 
初期の段階で異変を感じ取り、早急な治療や対策が重要となります。
 
対処せずに膝への負担が拡大すると軟骨の擦り減りが進んでしまうため、痛みが大きくなってしまいます。
 
また、変形性膝関節症は何度も負ったケガや荷重が要因となり生じるケースもあります。
いずれにしても関節への負担が影響しているため、このように膝関節の痛みが現れたら膝に負担のかかるような運動は控えてください。
 

変形性膝関節症の発生原因とは?

整形外科やクリニックの診断によると加齢が原因と言われることが多いようです。
年を重ねると膝関節内の滑液が減少するため、ヒアルロン酸を注入しなくてはいけないケースもあります。
 
年齢と比例して変形性膝関節症の患者さまは増加します。
早ければ40代後半から変形性膝関節症の方もおり、60歳以降からさらに発症率が上昇します。
 
しかし
変形性膝関節症を年齢だけを理由にして済ましてしまうと本質的な改善にはいたりません。
 
流山のオアシス整骨院では変形性膝関節症の原因について
「骨盤や股関節、足首の歪みからくるもの」と判断しています。
 
それはなぜか?
まず膝関節というのは曲げる、伸ばすという動作のみです。
 
さらに、膝関節周辺は頑丈な靭帯や筋肉に守られているため、本来、膝関節とは歪みにくくなっています。
 
しかし、骨盤や股関節、足首に歪みが生じると間接的に膝関節がねじれ、歪みを生みます。
 

骨盤の歪み

骨盤の歪みにより上半身の姿勢が前傾姿勢や、逆に後傾姿勢になります。
 
このように骨盤がゆがむことで股関節に負担がかかり、歪みの原因を作ります。

股関節の歪み

股関節は動きの広い関節であるため、あらゆる方向に関節が歪みやすくなります。
 
また、座り方や歩き方の癖でも、股関節の歪みは大きくなります。
さらに、O脚やX脚は変形性膝関節症のリスクを上昇させます。
 

足首の歪み

足首は正座や、靴が足のフィットしていないなどの要素で足首自体が内側に歪みがちです。
 
この歪みは脛骨(スネの骨)に捻れを生み、膝関節に負担をかけてしまいます。
 

男性より女性に多い膝関節症

女性の方が発症しやすい傾向にあり、これは筋力の低さが要因と言われています。
 
筋肉が関節を支えることで骨同士が擦れあうのを防いでいるためです。
 

肥満状態は一段と膝への負担を増大する

体重が重いと関節への負担も大きくなるため、体重の維持は重要です。
 
肥満の方は年齢問わず、変形性膝関節症のリスクを上昇させます。
 
肥満は万病の元とされ、多くの生活習慣病や重大疾患の要因ですが、関節の痛みにもつながります。
 

膝関節症の他の原因

骨のトラブルから変形性膝関節症にいたる症例も少なくありません。
 
半月板損傷や慢性関節リウマチ、靱帯損傷などを生じさせるきっかけにもなります。
 
スポーツ選手が競技中の骨折・脱臼などが引き金となって発症するケースあります。
 
激しい運動やスポーツを習慣的に行っていると、徐々に関節に疲労が蓄積していきます。
 
適度な負荷は関節の状態を良くしますが、その反面、過度な負荷は体に不具合を生じさせます。
 
 

変形性膝関節症に有効とされる主流な治療法とは?

筋の疲労はマッサージなど緩和できますが、
変形性膝関節症の治療はマッサージなどでは本質的な改善は望めません。
 
一般的に医療機関ではマッサージなどの処置が多いです。
 
ヒアルロン酸注射や、湿布での対応の場合もあります。
 
大腿四頭筋の筋力アップも有効とされていますが、膝関節に少し安定する程度です。
 
痛みを軽減する治療法で気を付けたいのは、表面上の痛みが緩和することで無理な動きをしてしまうことです。
 
ヒアルロン酸注射や湿布による治療で痛みが和らぐと、治ったと考えてしまう人が多いです。
 
しかし、これらの治療法は対症療法であり、一時的に痛みを取り除いているだけです。
変形性膝関節症の原因にアプローチするわけではないので、時間が経てば、痛みが再発します。
 
根本から改善させるためには、骨格を整えてから衰えた筋肉を強化していくことが重要です。
 
また、炎症や痛みが激しい場合はハイボルテージ治療で、炎症を抑え、違和感や痛みを解消していきます。
 

変形性膝関節症の予防法とは?

日常で膝に負担をかける要因となる正座や階段の昇り降りなどの行為を控えることが重要です。
 
そのうえで適度な運動を行い、筋力アップを試みましょう。
 
変形性膝関節症を防ぐために、運動を控えている方もいると思います。
 
しかし、運動不足は膝関節や全身の健康状態にも悪影響です。
 
膝の状態次第ですが、おすすめはウォーキングです。
 
はじめは毎日30分から1時間または1日おきに1時間ほどがオススメです。
 
歩くと痛む方は、自宅で太もものトレーニングも有効です。
 
また、体重のコントロールは膝の負担を抑えることができるため、適正体重以下に抑えるように意識してください。

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

twitter
整骨院ご案内バナー
  • 店舗所在地
   〒270-0152
   千葉県流山市前平井101-2(運B141街区15)
   ヴェルジール105
  • 電話番号
   0471-28-7743
  • 営業時間
   月曜~金曜
   11:00~20:00
   土曜・祝日
   9:00~18:00
   日曜定休日
フローティングバナー LINE メニュー アクセス 電話 ホーム
TELバナー