PCheader
スマホヘッダー
 
流山市の交通事故治療はオアシス整骨院におまかせください。

HOME >> | CASE | 首の痛み・頚椎症

首の痛み・頚椎症のお悩みなら
流山セントラルパーク駅のオアシス整骨院

肩こり口コミ

頚椎症とは?

首の痛み

頚椎症は首の骨(頚椎)の内側を走る神経が圧力を受けることで発症し、首や肩の痛み、手や足にしびれやだるさなどの症状が現れます。
 
内側で不具合がでている首だけでなく、手に向けて神経が走る肩も影響がおよぶケースもよく見られます。
 
年を重ねることで発症しやすくなり、40代、50代と年齢に比例しリスクも高まっていきます。
 
脊柱管や椎間孔に狭窄が起こるため、発症してしまうと非常に苦労を強いられます。
 
しかし、治療法や予防法も確立されているため、改善は十分に可能です。
年を重ねるにつれ、椎間板が変性する、靭帯の厚みが増す、硬くなるなど、発症の引き金となる要因はさまざまです。
 
原因は何であれ、処置を施さないと、
症状は悪化していくため、異変に気づいたら、早急な対応が必要です。
 

頚椎症の症状とは?

頚椎症

頚椎症は首の後ろの痛み、肩から腕にかけてのしびれが代表的な症状です。
 
手がしびれる症状も存在し、神経が圧迫される頚椎症性神経根症は片手がしびれ、さらに神経に加え脊髄の圧迫も伴う頚椎症性脊髄症は両手がしびれるというように、症状は一様ではありません。
 
ただし、
首を後方に倒すことで生じる痛みやしびれなど、共通の症状も存在します。
 
運動の動きや感覚に違和感を覚えるのも、共通の症状の1つです。
 
指先を使うような細かな作業が難しくなる、歩行がスムーズでなくなるなどの感覚を覚えた際は要注意です。
 
頚椎症性脊髄症は、膀胱機能に障害が生じる場合もあり、いずれかの自覚症状が現れた際は発症を疑ってください。
 
ほとんどの場合がしびれや痛みが主な症状で、首から手の間に症状がでやすい傾向にあります。
 
脱力感や手の感覚が鈍くなった際も発症の可能性が高くなります。
 
放っておくとは症状が悪化し、日常生活の支障をきたすまでになってしまうため、
自然に改善しないときはお早めに医療機関を受診することをオススメします。
 

頚椎症の発生原因とは?

頚椎症の原因

頚椎症は、椎間板の老化現象とされています。
 
しかし
流山のオアシス整骨院では痛みの原因を加齢による老化という言葉で終わらせることはしません。
 
実際問題として、
頚椎症の根源は骨格の歪みや機能不全による変性なのです。
 

頚椎変性

 
こちらの写真は頚椎の変性の具合を示していますが、椎間板周りの骨の状態が徐々に悪化しています。
 
なぜ、このように変性していくのか?
それは猫背やストレートネックなどのゆがみが生じていると頚椎ひとつひとつが正常に機能せず、動きの悪くなった関節は代謝が低下していくためです。
 
変性と呼ばれる現象は、誰しもが起こりうる変化ですが、骨格のゆがみは変性を助長してしまいます。
 
また、脊髄にまで影響が出る頚椎症性脊髄症は椎間板が原因で、骨に棘状の骨棘が発生し、靭帯が厚く硬くなって脊髄を押さえつけてしまいます。
 
方や、頚椎症性神経根症は頚椎の変性により、椎間孔に狭窄が発生することで、神経根が圧力を受け、痛みがでます。
 
このように、脊髄もしくは神経根の圧力のかかる部位により、頚椎症でも病名や症状が変化します。
 
ただし、
骨格のゆがみが原因の始まりという部分は共通で、さらに加齢に伴い、頚椎症の発症リスクを抱えることとなってしまいます。
 
近年では、スマートフォンの普及により猫背が首に過剰な負担をかけることも発生要因の1つと言われています。
 
頚椎症は早期発見により対処の幅は広がり、悪化する前に抑えることが可能なため、少しでも早く気がつけることがベストです。
 
 

頚椎症に効果的とされる一般的な治療法とは?

頚椎症の対策としては
まず安静にすること、そして消炎鎮痛薬の処方や頚部の牽引が有効です。
 
激しい痛みが生じる際は神経ブロック注射も効果的ですが、それでは緩和されない、日常生活に支障がでるといった際は、外科手術も視野に入れなければなりません。
 
鎮痛剤は非ステロイド性消炎鎮痛薬が一般的で、しびれや発作的な痛みに対しては神経障害性疼痛治療薬、筋肉の緊張には筋緊張弛緩剤が採用されます。
 
牽引療法は顎にベルトをかけ、首を強制的に引き上げることで頚椎にかかる負担の抑え、痛みを緩和します。
 
他にも、温めることで症状を緩和する温熱療法や、運動やマッサージで身体機能を改善するリハビリなど治療法はさまざまです。
 
しかし、
このような一般的な治療法は痛みをターゲットとしたケアであり、根本的な問題解決とは違います。
 

流山のオアシス整骨院の頚椎症アプローチ

POINT①
頚椎症の原因をつくる姿勢を検査します

 
姿勢検査

頚椎症を発症する方はストレートネックや猫背など、首に負担がかかる姿勢を維持してしまっているケースが多いです。猫背の原因は背骨のみ骨盤からズレが生じている可能性があります。
 
ただ、痛みが出ている患部(首)だけをチェックするのではなく、首に負担がかかるまでの過程を全身で判断して、治療ポイントを見極めます。
 

POINT②
骨格のゆがみに対するアプローチ

骨格矯正

姿勢分析によって頚椎に負担がかかる状態を把握したら、さっそく検知されたゆがみに対するアプローチを行います。こちらは首だけに限らず背骨、骨盤、肩関節や肩甲骨など考えうるすべての目線から施術を施します。
 

POINT③
頚椎のアプローチ

頚椎アプローチ

頚椎の状態次第で、首を動かすと毎回痛みやしびれが生じる際は、首の痛みに有効な施術も行います。
 
超音波治療やハイボルテージ治療、または後頭骨への治療を施し、頚椎の歪みが原因の痛みを解消していきます。
 

頚椎症の予防法とは?

 
頚椎症の予防法は、首を過度に倒す、回すということをしないことが大切で、椎間板に負担を極力避けることが予防のキーポイントとなります。
 
うつぶせの姿勢も首に負担をかけるため、睡眠時の姿勢にも気をつけてください。
 
猫背も頚椎に悪影響を及ぼすため、姿勢を見直すことも重要です。
 
猫背は背中と同時に首を曲がるため、それが頚椎への負担を高めて頚椎症のリスクを上昇させます。
 
姿勢改善は首の負担減少にもつながるため、やはり姿勢を正すことが頚椎症の予防において大切な要素となります。

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

twitter
整骨院ご案内バナー
  • 店舗所在地
   〒270-0152
   千葉県流山市前平井101-2(運B141街区15)
   ヴェルジール105
  • 電話番号
   0471-28-7743
  • 営業時間
   月曜~金曜
   11:00~20:00
   土曜・祝日
   9:00~18:00
   日曜定休日
フローティングバナー LINE メニュー アクセス 電話 ホーム
TELバナー