PCheader
スマホヘッダー
 
流山市の交通事故治療はオアシス整骨院におまかせください。

HOME >> | CASE | 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症によるお悩みは
流山市のオアシス整骨院にお問い合わせください。

こんな脊柱管狭窄症の症状を抱えていませんか?

 

☑︎歩くのがしんどい、短い距離しか歩けない
☑︎坐骨神経痛による足のしびれ
☑︎通院しているが、良くなる気配がない
☑︎手術するしかないと宣告された

 

脊柱管狭窄症がつらい方は流山市にあるオアシス整骨院にお越しください。

 

流山のオアシス整骨院が
脊柱管狭窄症の治療で選ばれる理由とは?

CHECK①
原因追及のために問診や検査にじっくりと時間を使い、根本的な症状改善を目的とします。

脊柱管狭窄症となりやすい姿勢や骨盤の状態を見極め、原因のありどころを突き止めます。
 

CHECK②
どなたでも不安なく受けられるソフトな整体法です。

矯正治療や整体というと痛みが伴う、身体に負担がかかるといったようなイメージを抱いておられる方も少なくないですが、リスクの抑えたソフトな整体法でひとりひとりのゆがみに対して最適な施術を行いますので、不安なく施術を受けていただけます。
 

CHECK③
日頃から歪みにくい姿勢づくりをサポートします。
 

脊柱管狭窄症をお抱えの方は腰痛のみならず、首の痛みや肩こりなども併発しているケースもあります。
 
このような全身のお悩みを根本から解消するために毎日のゆがみにくい姿勢づくりをご一緒に行っていきましょう。
 

CHECK④
衰えた筋肉を鍛え直し、再発を防ぎます。

骨盤をただしても、筋力が弱いとその状態をキープすることができません。
 
とはいえ、トレーニングというとつらいイメージもあり、後ずさりする方も少なくはありません。
 
そんな方にもおすすめできるインナーマッスルトレーニングをご提案いたします。

脊柱管狭窄症とは?

体を支える脊柱は、椎骨という骨が連結してできています。
 
その椎骨には穴が存在し、脊柱として形成されたときには脊柱管という脊髄・血管が走る道が作られます。
 
その脊柱管が加齢や何かの要因でズレが生じ狭まったときに発症するのが脊柱管狭窄症です。
 
脊柱管が狭くなると、内部を走っている脊髄や血管が押し付けられます。そのことで痛みやしびれといった症状が現れます。
 
長年の生活習慣や体の衰えでの姿勢変化によって生じるため、患者の多くは中高年以上の方です。
 
また、男女で比較すると、女性の患者さまの方が多くなっています。
 
その要因は、閉経によって女性ホルモンが減ると骨が弱くなり変形すべり症という脊椎がずれる病気を発症しやすくなっていることです。
 
基本的に脊柱管狭窄症は骨の変形やズレによるもののため、自然に治癒できるものではありません。痛みを抑えるためには安静にすることや手術が必要となります。
 

脊柱管狭窄症の症状とは?

脊柱管狭窄症になったときの症状は、痛みやしびれ、異常感覚、歩行障害などです。
 
このような症状が現れるのは、特に歩行中や立ち上がる瞬間です。
 
発症しても、少しの安静で症状が治まるためまた歩行可能になります。
 
このように症状が現れたり、解消したりして、歩けるようになることを間欠性跛行と言います。
 
この間欠性跛行が脊柱管狭窄症の特徴といえます。
 
症状の程度は、脊柱管がどれだけ圧迫を受けているのかによって変化します。
 
軽度であればしびれや痛みを感じていても体を動かすことができますが、重度になれば身動きをとることすらままならなくなります。
 
また症状が出る部位も同じではなく、馬尾型という中心部分への圧迫のケースでは、両足のしびれと排尿障害が代表的な症状になり、神経根型のケースでは片側の足に痛みやしびれが現れます。
 
また、混合型といわれる馬尾型と神経根型の両方の症状がでるケースも存在します。

脊柱管狭窄症の発生原因とは?

脊柱管狭窄症が発生する原因は一般的に加齢によるものと判断されています。
 
高齢者ほど脊柱管狭窄症でお悩みの方は増加に傾向にあるためです。
 
人体は日頃の生活やスポーツ、重力などの影響で骨にダメージが溜まっていきます。
 
その結果として年齢を重ねると、骨が棘のような形になったり、膨らんだりと変形していきます。
 
そのような変形が大きくなれば、脊椎にある脊柱管という穴が狭くなり、内部の脊髄や血管が押し付けられてしまうのです。
 
しかし
高齢になっても脊柱管狭窄症にならない人もいて、
発症する人としない人を比べると、脊柱管狭窄症になりやすい方には姿勢の歪みや骨盤のズレが生じている傾向にあります。
 
すなわち
土台となる背骨や骨盤が正しい状態にあり、ひとつひとつの骨の動きも良い状態であると脊柱管狭窄症になりにくい状態になるのです。
 
主に脊柱管狭窄症というと腰回りの骨に問題があると思いがちですが、実際には腰の骨を支えている骨盤が不具合を生んでいる場合が多いです。
 
脊柱管狭窄症の根本改善を望むであれば、
骨盤のズレを正し、姿勢を正しい状態にしてあげることがポイントです。
 

脊柱管狭窄症に効果的とされる一般的な治療法とは?

脊柱管狭窄症は症状が軽ければ、保存的治療が行われます。
 
保存的治療には、安静、鎮痛剤の使用、コルセットの使用、温熱療法などがあります。
 
保存的治療では、神経及び血管の圧迫を軽減することで、症状を緩和することができ、同時に自然治癒力も高まります。
 
ただし、姿勢のゆがみや骨盤のズレという根本の原因を取り除くことにはつながらないため、効果は限定的です。
 
手足に麻痺が出ていたり歩けないというように重い症状が出ているのであれば、手術で神経を圧迫している部分を取り除きます。
 
手術の際は皮膚を切開した後、内視鏡を通し、骨の除去、肥大化している黄色靭帯の切除を行うのが一般的です。
 
従来では、内視鏡を使わず筋肉を大きく切って手術をしたり、骨を広い範囲で取り除く手術が行われていましたが、そうなると手間がかかって患者さまの負担が重くなります。
 
また術後に入院が長期化するのも問題点です。
 
多くのリスクが存在するため、現状、最低限の範囲で、傷をつけ骨の除去を行うことが主流となっています。
 
また、骨のズレなどが起きているときには、圧迫している部分を取り除いただけでは完治できないため、金属で椎骨を固定する手術も行われます。
 

脊柱管狭窄症の予防法とは?

脊柱管狭窄症は、ぎっくり腰のように急に襲われる症状ではありません。
 
少しずつ脊柱管内にある神経・血管が圧力を受け症状が表面化します。
 
この状態を未然に防ぐには、まず加齢により骨への負担が大きくならないように、筋力の維持を意識し、実行することが重要です。
 
腹筋や背筋といった基礎となるなトレーニングを習慣づけていれば、体重を筋肉で支えることは十分に可能です。
 
もう一つのポイントは姿勢です。特にデスクワークが多い方によく見られますが、猫背のままで長時間過ごしてしまうと、腰への負担が大きくなります。
 
その結果、腰椎椎間板ヘルニアを発症し、椎間板が飛び出し脊柱管が圧迫されます。
 
意識的に前傾姿勢を避け、同一姿勢を取り続けないように定期的なストレッチを行ってください。
 

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

twitter
整骨院ご案内バナー
  • 店舗所在地
   〒270-0152
   千葉県流山市前平井101-2(運B141街区15)
   ヴェルジール105
  • 電話番号
   0471-28-7743
  • 営業時間
   月曜~金曜
   11:00~20:00
   土曜・祝日
   9:00~18:00
   日曜定休日
フローティングバナー LINE メニュー アクセス 電話 ホーム
TELバナー