ヘッダー
腰痛ヘッダー

WEBキャンペーン

HOME >> | 対応症例 | 腰椎すべり症

腰椎すべり症によるお悩みなら
流山市のオアシス整骨院にお声かけください

腰痛

このような腰椎すべり症の症状がでていませんか?

スポーツ中の腰痛で苦しんでいる
坐骨神経痛によるしびれが生じている
病院や整形外科に通院しているが、改善する気配がない

専門治療

 
腰椎すべり症でお悩みなら
流山市にあるオアシス整骨院までご相談ください。
 

オアシス整骨院が選ばれる理由
患者様アンケート 集計期間2020年12月28日~2021年1月9日

96.08%の方に治療のわかりやすさを実感していただきました。
 
98.1%の方が通い続けて効果を実感していただきました。
 
90.4%の方が施術内容に満足していただきました。
 
75%の方が日常生活習慣を見直していただけるようになりました。
 

全国の有名な整骨院の先生からも
厚い支持を頂いております

全国の整骨院からも推薦

オアシス整骨院の腰椎すべり症治療とは?

POINT①
腰椎に負担のかかりやすい姿勢かどうか確認します

姿勢分析
腰椎に負担がかかりやすい状態は骨盤の傾きから作られます。
 
骨盤が傾いていると腰椎の椎間板に負担がかかったり、すべり症の症状を強めるため、まずは姿勢や骨盤の状態を検査し、どのような骨格のゆがみが起きているのか確認いたします。

 
 

POINT②
骨盤を整え、腰椎にかかる負担を軽減します

矯正治療

 
腰椎に直接アプローチする方法は限られているため、骨盤を中心に股関節や背骨全体のゆがみを矯正していきます。
 
もちろん、痛みの矯正や腰椎に負担のかかる体勢はとりません。
 
また、必要に応じて整えた骨盤を安定させるためのインナーマッスルトレーニングを併用します。
 

POINT③
日常生活における注意点を説明します

アフターフォロー

日常生活の中で骨盤のズレや腰椎に負担のかかりそうな姿勢をなるべくとらないよう伝えていきます。
 
特にうつ伏せで寝てしまったり、合わない寝具なども腰椎への負担を強めるため、見直していただくことがあります。
 
また、食事や睡眠、運動など基本的な生活習慣などもアドバイスいたします。

腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症

背骨(脊柱)にある椎骨という骨にズレが生じている状態のことを腰椎すべり症と呼ばれています。
 
背骨(脊柱)は、椎骨がいくつも連結して形成されています。
 
腰椎すべり症は大きく3つに分類されます。
腰椎変性・腰椎分離・形成不全性の3つの種類です。
腰椎変性すべり症は中高年以降の女性に多い傾向にあり、変性してしまうことで発症します。
 
腰椎分離すべり症は発育期に進行することが多く、通常は繋がっているべき骨の繋がりが絶たれてしまった状態が進行することで引き起こります。
 
形成不全性すべり症は、先天性で発育の問題で引き起こされます。
 
これは非常に稀な症状で、比較的若年層に多い傾向です。
 

腰椎すべり症の症状とは?

腰の痛み

坐骨神経痛のようなしびれ、違和感や腰から足にかけての痛みなどが腰椎すべり症の症状として挙げられます。
 
多くの症状はひどい腰痛や同一姿勢を取り続けることで下肢に痛みやしびれなどが現れます。
 
また、長い時間歩くと症状が現れるというケースもあり、
長距離を歩行で痛みやしびれが少しずつ悪化することも多いです。
 
この腰椎すべり症は、痛みの度合いも様々ですが、
症状が悪化すると痛みや痺れが大きくなり、歩行困難に陥る可能性もあります。
 
そこまで悪化してしまうと、生活に大きな支障をきたします。
 
また、さらに症状が悪化し、何もしていなくても痛みや痺れの症状が現れるようになってしまうのです。
 
椎骨のある部位には尿や便といった排泄機能をコントロールする神経も存在します。
そのため膀胱直腸障害を引き起こしてしまう可能性もあります。
 
さらに会陰部障害という股の付け根部分から陰部にかけての知覚に障害が生じることもあり要注意です。
 

腰椎すべり症の発生原因とは?

腰椎

腰椎すべり症は、高齢になるにつれ発生のリスクが上がるとされています。
 
腰椎すべり症の中でも最も症例が多いのが腰椎変性すべり症で、
これは、加齢による老化で腰椎の椎間板や靭帯、関節などが緩み腰椎の変性が起こり発症します。
 
明確な原因特定はなされていませんが、腰椎の変性によりすべりが生じると考えられます。
 
すべりが生じることにより腰椎が安定せず、神経が通っている脊柱管が狭窄して神経に圧力を与えます。
 
その結果、腰から足にかけて痛みや違和感、しびれといった症状が現れるのです。
 
腰椎分離すべり症は、発育期に腰椎分離症が進んでいくことで発生します。
腰椎分離症から腰椎分離すべり症に移行する可能性は非常に高いと言われています。
 
そして、形成不全すべり症は、先天性のものであり、
生まれつき脊椎が正常に発育しないことで引き起こされます。
 
これは稀な症例であり、腰椎すべり症の中でも最も少ない症例です。
 

腰椎すべり症に効果的とされる一般的な治療法とは?

腰椎すべり症には、まず安静にすることが有効です。
 
痛みや違和感をおぼえながらも長時間歩いたりすると、さらなる症状悪化につながります。
 
そのため痛みや痺れを感じたら、まず安静にすることです。
それから痛みを緩和するため、ブロック注射などの痛み止めや湿布薬を使用する場合もあります。
 
また、腰椎すべり症には、骨格調整や骨盤矯正、ハイボルテージ治療などが有効です。
 
骨格調整や骨盤矯正は、骨盤を整え筋肉をあるべき姿に導く治療になります。
 
安定させる関節と緩める関節を明確に区別し、体を正しく誘導します。
 
ハイボルテージ治療は、急性期の炎症を抑える目的の治療法です。
 
急性期には激しい痛みを感じ、日常生活がつらくなることも多々あります。
ハイボルテージ治療は炎症を抑え、そんな日々の悩みを緩和することができます。
 

腰椎すべり症の予防法とは?

運動

上半身や下半身を鍛えることが腰椎すべり症の予防法に繋がります。
 
アスリートがリハビリとして行うようなトレーニングと同様のイメージです。
 
ただし、ただ筋力トレーニングをすればいいというわけではありません。
 
誰しもが同じトレーニングを行えば、効果があるのではなく、
体の状態や症状により有効なトレーニングは違ってきます。
 
なかなか自身でそれを判断するのは難しいため、
専門家の指導を受けることが必要です。
 
また、腰部の筋肉を温めることも腰椎すべり症には有効です。
 
温めることで筋肉の緊張が和らぎ、血流などが良化します。
 
痛みやしびれの症状を和らげることができるだけでなく、予防にもつながります。

他院との違い
 
クーポン

LINEならスグに予約状況がわかります!

twitter

キャンペーン

※VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress・Dinersなどクレジットカード決済可能です。

フッター